STAGEWORKS  
 
 
STAGEWORKSとは?事例紹介建築家紹介
 
FP紹介庭、家具などの紹介仕事の流れFAQ
 
 
  設計・監理:篠崎弘之建築設計事務所
 
 
●場所: 東京 ●主要用途:専用住宅 ●構造設計:寺戸巽海構造計画工房 ●構造工法:混構造(木造+鉄骨) ●建物規模:地上2階 ●敷地面積:64.41m2 ●建築面積:46.30m2 ●延床面積:128.65m2 ●期間:2013
 
 
House D
●戸建リノベーション

戸建住宅の改装工事。都心の狭小地に建つ既存住宅を新しく購入された家族の生活スタイルに合うように、耐震補強も兼ねたリノベーションを行っています。
立地や既存住宅のデザイン性を気に入って購入したが、いざ住んでみると家族の生活には合わない部分が出てきたとのことで、築15年程度とまだ浅い築年数ではあるが大規模なリノベーションを行うこととなった。計画のメインとしては、動線を明快にかつコンパクトにすることで床面積を法的面積最大まで確保できるようにした。主要動線を軽快な鉄骨の螺旋階段として屋上までを繋ぎ、狭小地の中での光庭としても機能するように計画した。
鉄骨の螺旋階段は全体の耐震補強も兼ねており、この建物の環境性能の向上だけではなく耐震性能の向上にも寄与している。マンション住まいだったクライアントの夢でもあった、庭を眺めながら桧風呂に入りたい、囲炉裏のある茶室が欲しいといった戸建リノベーションならではの要望も取り入れている。都心の狭小地の中でも豊かな生活空間が広がるように、戸建リノベーションという特性を最大限生かした計画となっている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  事例紹介一覧に戻る
 
STAGEWORKS株式会社
sitemapprivacy policy
info@stageworks.co.jp
東京都立川市羽衣町1-20-6
 
©STAGEWORKS Inc. All rights reserved.
遠藤正二郎デザイン