STAGEWORKS  
 
 
STAGEWORKSとは?事例紹介建築家紹介
 
FP紹介庭、家具などの紹介仕事の流れFAQ
 
 
  設計・監理:多田正治/多田正治アトリエ + 遠藤正二郎/ENDO SHOJIRO DESIGN
 
 
●場所:京都市 ●施工面積:53.58m2 ●家族構成:夫婦2人 ●期間:2009
 
 
紫野の家
●戸建リノベーション
RCの戸建住宅の改装工事である。
玄関より室内に入ると、荒々しい、しかし落ち着いた表情の間仕切壁が正面に立ち現れる。壁に沿うように歩き、角を曲がると、正面に庭への開口部が現れ、外部へと視線が抜ける。リビング側に来ると間仕切り壁は、包み込むようたたずむ。
壁の一部にあけられたスリットには、アクリル塊が嵌め込まれている。リビングには、廊下の掛け花入れに生けられた花の表情を伝え、廊下には、アクリル内を乱反射したきらめく光が到達する。
キッチンの奥には、出窓に面した小スペースを用意した。お茶を飲む、音楽を聴く、休憩する。そんな小さなアクティビティを内包する室名のない空間であり、大きなワンルーム空間の中の小さな隠れ家である。
かつてのキッチンについていた横長の窓は、ダイニングに座ったときに比叡山を眺めることができるピクチャーウィンドウとなった。
LDKの3室を大きなワンルーム空間へと変貌させたわけだが、間仕切壁を中央に置き、その空間的意味に変化を与えることで3室以上の多様な空間をつくりだした。
庭や眺望などの魅力的なポテンシャルを、改装により顕在化させることができた。
 
before
 
 
 
 
 
 
 
  事例紹介一覧に戻る
 
STAGEWORKS株式会社
sitemapprivacy policy
info@stageworks.co.jp
東京都立川市羽衣町1-20-6
 
©STAGEWORKS Inc. All rights reserved.
遠藤正二郎デザイン